最新ニュース

11月の病害虫発生注意報等の発表状況:内容は末尾のURLをクリックしてください  /  農薬インデックスメルマガ 第76号 2022年11月1日配信分の内容  /  10月の病害虫発生注意報等の発表状況:内容は末尾のURLをクリックしてください

検索結果

作物名から農薬を探す

病害虫名・雑草名から農薬を探す

あなたの検索した/作物の種類:果菜類/作物名:トマト/害虫名:コナジラミ類/に該当する農薬は以下の通りです。

◇検索条件に該当する農薬を一覧で表示しました。
◇農薬名をクリックすると、適用表(適用作物や適用病害虫・雑草など)が表示されます。
◇iconは推奨農薬です。適用表からメーカーの詳しい品目情報がご覧になれます。

検索結果のURLを取得

  • 優れた浸透移行性により、作物の隅々まで行き渡る予防効果で、隠れた害虫も逃さない殺虫剤です。アブラムシに安定した効果と長い残効性があり、コナジラミ、ショウジョウバエ、カメムシ類など幅広い害虫の予防防除が可能です。

  • アニキ乳剤

    殺虫剤

    害虫の抑制神経系に作用するタイプの殺虫剤で、チョウ目は勿論、コナジラミ類、ハモグリバエ類、ミカンキイロアザミウマなどに優れた効果が有ります。またハチ類や天敵などへの影響が少なくIPM(総合的病害虫・雑草管理)に最適です。

  • 60種以上の作物と30種以上の害虫に登録をもち、”農家の常備薬”として20年以上愛され続けている殺虫剤です。 優れた速効性と幅広い殺虫活性、多くの作物で収穫前日数が短いことから、作物の生育時期を選ばず、害虫の発生に応じた使用が可能です。

  • コナジラミ、カイガラムシに対して補完的な作用を示す、アプロード(ブプロフェジン)とダニトロン(フェンピロキシメート)の混合剤です。

  • 野菜・果樹・水稲・茶・花きの分野に幅広い殺虫剤

  • 作物登録が広く、コナジラミ、ハモグリバエなどの重要害虫防除に使用できます。

  • ウララDF

    殺虫剤

    多くの果樹、野菜類のアブラムシ類、コナジラミ類、アザミウマ類に有効です。

  • エコピタ液剤

    殺虫剤

    食品(還元澱粉糖化物)が有効成分、アブラムシ類・ハダニ類・コナジラミ類、うどんこ病に有効です。

  • 昆虫のキチン質の生合成を阻害し、害虫の脱皮阻害しますのでハマキムシ類、ヨコバイ類、スリップス類、ハモグリバエ類など、幅広い害虫に高い殺虫効果を示します。 特に幼虫に対し顕著な効果を示します。

  • チョウ目害虫やアザミウマ目、ハエ目など巾広い害虫に卓効を示しす新しい作用性を持つ新農薬です。抵抗性で効きにくくなったコナガ、アザミウマなどにも有効です。効果は長時間続き、作物の葉内にも浸透します。安全性も高くミツバチ、マルハナバチは翌日導入できます。

  • 昆虫の行動を制御するタイプの新しい殺虫剤で、速やかに害虫の吸汁行動に影響を及ぼし、高い摂食阻害活性を示します。アブラムシ類、コナジラミ類、カイガラムシ類などのカメムシ目害虫や、チャノキイロアザミウマなどのアザミウマ目害虫に対して高い効果を示します

  • コロマイト乳剤

    殺ダニ剤

    有効成分であるミルベメクチンは微生物が生産する天然物なので、「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」において、化学合成農薬にはカウントされません。

  • 浸透移行性殺虫剤で多くの作物に使えます。

  • 水稲のカメムシ防除剤

  • 稲・果樹、野菜類の多くの作物に登録あり、幅広い殺虫スペクトラムを有する顆粒タイプの水溶剤

  • ダントツ粒剤

    殺虫剤

    稲・果樹、野菜類の多くの作物に登録あり、幅広い殺虫スペクトラムを有する粒剤タイプの殺虫剤です。

  • ディアナSC

    殺虫剤

    野菜の多くの害虫に有効ですが、特にチョウ目、ハマキムシ類に優れた効果をしめします。

  • トレボンEW

    殺虫剤

    幅広い作物の害虫防除のEW剤

  • トレボン乳剤

    殺虫剤

    水稲、野菜、花き類、樹木類などの様々な害虫に有効です。

  • 水稲、豆類の害虫に速効的に作用します。

  • うどんこ病・コナジラミ防除の殺虫殺菌剤です。

  • ベネビアOD

    殺虫剤

    チョウ目害虫に加えて、ハモグリバエ類、コナジラミ類、アザミウマ類、アブラムシ類などの微小害虫も、まとめて防除できます。

  • 野菜類のチョウ目害虫およぎ広範囲な害虫に卓効を示しますす、灌注用殺虫剤です。

  • ジアミド系のシアントラニリプと、ネオニコチノイド系殺虫成分チアメトキサムを混合した、園芸用殺虫剤です。 作用性の異なる移行性に優れた2成分を組み合わせることで、野菜栽培の初期に問題となる幅広い害虫を、1剤でカバーします。

  • 新規の骨格(ネオニコチノイド系)を持ち、作用機作が既存剤と異なるので、有機リン剤・カーバメイト剤・合成ピレスロイド剤などに効きにくくなった害虫にも有効です。幅広い殺虫スペクトルを有しています。

  • ハウス害虫(アブラムシ類、コナジラミ類、アザミウマ類)のくん煙殺虫剤

  • 作用機作が既存剤と異なるので、従来の薬剤に抵抗性の発達した害虫にも有効です。セル苗に対し、育苗期後半の株元処理ができ、省力的です定植時の土壌処理により、コナガ・アオムシ・アブラムシ・スリップスの発生を長期間抑えます。

  • 各種作物のうどんこ病に効果が高く、コナジラミ類にも有効です。

  • アオムシ・ヨトウムシなどのチョウ目害虫をはじめ、その他広範囲の害虫に効果があります。

  • アベイル粒剤

    殺虫剤

  • 野菜と果樹に害をもたらすアブラムシ、カイガラムシ、コナジラミに優れた効果を発揮します。浸透移行性と浸達性があるため散布後に展葉してくる新葉にも一定期間防除効果を発揮します。

上に戻る