フエロモン製剤

 
 生物農薬とは、病害虫や雑草防除に利用される天敵や微生物の製剤をいいます。またフェロモン剤とは昆虫のフェロモンを利用した製剤です。
 これらは、自然界に存在する生物やその産生物質を利用した製剤で、環境にやさしい農薬として、特別栽培農産物やIPM(総合的病害虫・雑草管理)推進のための 有力な防除資材として、注目されています。
 しかし、生物農薬やフェロモン剤といっても、これを利用する場合は人や生物環境に悪影響を与えてはなりません。農林水産省では、これらの安全性評価について基準を設定しており、十分なチェックをなされたものが農薬登録されています。
 ここでは、生物農薬の天敵製剤、微生物製剤およびフェロモン製剤について、農薬登録がある製品を紹介しています。製品に関する使用上の注意、詳細、販売等につきましては、メーカーにお問合せください。

※本サイトは、2013年11月15日現在の資料に基づき作成しました。

 
 天 敵 製 剤
捕食性生物(昆虫、カブリダニ)や寄生性生物(昆虫)を利用した製剤


 微 生 物 製 剤
ウイルス、細菌、糸状菌、拮抗微生物および線虫などを利用した製剤


無農薬野菜
 フ ェ ロ モ ン 製 剤
昆虫の産生物質であるフェロモンを利用した製剤

 
提供:
インデックス情報センター(C)
お問合せはこちらから


Copyright(C)2001 Oct Index Information Center. All rights reserved.