インデックス情報メモ

2021年4月12日更新

〜〜〜〜〜〜Contents Menu〜〜〜〜

 1.防除ミニ情報
 2.業界ミニ情報
 3.都道府県の注意報、警報、特殊報の発令状況
 4.農薬登録情報速報
 5.農業生産に関するミニ情報
 6.行事・イベント案内
 7.アクセス情報
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


1.防除ミニ情報
 MENUへ

令和2年度病害虫発生予報第8号


 農林水産省は3月10日、令和2年度病害虫発生予報 第10号を発表しました。
野菜類では、たまねぎのべと病の発生が、近畿、中国及び北九州の一部 の地域で多くなると予想されいます。このほか、いちごのアブラムシ類等、 病害虫が多くなると予想されている地域があるので注意してください。
詳しくは下記HPをご覧下さい。
https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/
syokubo/210310.html

2.業界ミニ情報
    MENUへ

グリーン農薬総覧(2021総合版)販売開始


 緑の安全推進協会は、芝、公園・街路樹等の樹木防除分野 (家庭園芸薬剤を含む)の薬剤を解説した「グリーン農薬総覧 (2021総合版)」を3月に刊行します。
 本版は、緑地・樹木等の分野において2020年12月末までの 登録のある全ての農薬を網羅し、特徴、使い方のポイントなどを 項目ごとに整理し取りまとめたものです。
詳しくは下記HPをご覧下さい。
https://www.midori-kyokai.com/pdf/
2021gaiyo.pdf

数量、金額共に増加
2021年農薬年度1月末出荷実績


 農薬工業会は、2021農薬年度1月末の農薬出荷実績を公表した。
数量は46,9千トン(前年比109,1%)、金額は969億円(前年比112,6%) で前年に比べ数量、金額共にに増加している。
分野別、種類別実績は下記の通りである。

数量
使用分野別 ()内は前年比
金額  
水稲 14.331t.kl (118,3) 334億円 (118,7)
果樹 5.627t.kl (94,0) 130億円 (105,9)
野菜・畑作 19.769t.kl (107,0) 354億円 (102,5)
その他 6.130t.kl (115.0) 132億円 (142,7)
分類なし 1.034t.kl (96.8) 18億円 (100,9)
合計 46.891t.kl (109.1) 969億円 (112,6)

種類別 ()内は前年比
殺虫剤 15.510t.kl (103.4) 243億円 (101,6)
殺菌剤 8.878t.kl (109.8) 212億円 (114,1)
殺虫殺菌剤 4.227t.kl (120.8) 110億円 (123.5)
除草剤 17.240t.kl (112.5) 386億円 (117,4)
分類なし 1.034.kl (96.8) 18億円 (100,9)
合計 46.891t.kl (109.1) 969億円 (112,6)

2020年度ゴルフ場・緑地分野の
農薬出荷実績


 緑の安全推進協会は,2020年度ゴルフ場・緑地分野の農薬出荷実績を 公表した。
 出荷実績は、数量では 7,471 ton,kl(前年比101.4%、107ton,kl増)、 金額は28,380百万円(前年比100.3%、87百万円増)で共に増加した。
 種別では、殺虫剤は数量7.4%減(金額4.3%減)、殺菌剤は数量2.1%減 (金額2.6%減)、除草剤は数量2.1%増(金額1.5%増)、植物成長調整剤 は数量19.9%増(金額12.3%増)となった。
詳しくは下記HPをご覧下さい。 https://www.midori-kyokai.com/joho/pdf/2020jisseki.pdf
 MENUへ
3.都道府県の注意報、警報、特殊報の発令状況

 ●最新の発令状況はトップペーシのNEWS and TOPICSをご覧ください

 ●過去の警報、注意報、特殊報の発令状況は
下記をご覧ください。
・警報、注意報発令一覧表(2010年〜2020年)
Excel63KB

・特殊報発令一覧表(2010年〜2020年)
Excel55KB


4.農薬登録情報速報
MENUへ
農林水産消費安全センターホームページの 新規および適用拡大登録農薬の速報をご覧ください。

4月7日 3月26日 3月24日 3月10日 2月24日
2月10日 2月3日 1月27日 1月13日  

2020年の農薬登録情報・速報
2019年の農薬登録情報・速報
2018年の農薬登録情報・速報
2017年の農薬登録情報・速報
2016年の農薬登録情報・速報
2015年の農薬登録情報・速報


5.農業生産に関するミニ情報
   MENUへ

大豆の収穫量は前年産に比べ1%増加
令和2年産大豆(乾燥子実)の収穫量

1、作付面積
 全国の作付面積は 14 万 1,700ha で、前年産に比べ 1,800ha(2%)減少した。
2、収穫量
 全国の収穫量は 21 万 8,900tで、前年産に比べ 1,100t(2%)増加した。
詳しくは下記HPをご覧下さい。
https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/
sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/
index-30.pdf

         (4月9日農水省公表)

西洋なしの収穫量は前年産に比べ4%減少
令和2年産西洋なし、かき、くりの
結果樹面積、 収穫量等

1、西洋なし
 結果樹面積は 1,420ha で、前年産に比べ 30ha(2%)減少した。 収穫量は2万 7,700t、出荷量は2万 4,500tで、前年産に比べそれぞれ 1,200t (4%)、1,000t(6%)減少した。
2、かき
 結果樹面積は1万 8,500ha で、前年産に比べ 400ha(2%)減少した。 収穫量は 19万 3,200t、出荷量は 16万 5,900tで、前年産に比べそれぞれ 1万 5,000 t(7%)、9,400t(7%)減少した。
3、くり
 結果樹面積は1万 7,400ha で、前年産に比べ 400ha(2%)減少した。 収穫量は1万 6,900t、出荷量は1万 3,600tで、前年産に比べそれぞれ 1,200t(8 %)、1,100t(11%)増加した。
詳しくは下記HPをご覧下さい。
https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/
sakumotu/sakkyou_kazyu/attach/pdf/
index-5.pdf

         (4月8日農水省公表)

小豆及びいんげんの収穫量は前年産に比べ減少 令和2年産小豆、いんげん及びらっかせい(乾燥子実)の収穫量

小豆
 全国の小豆の収穫量は5万 1,900tで、前年産に比べ 7,200t(12%)減少した。 これは、主産地である北海道において、 10a当たり収量が前年産を下回ったためである。
いんげん
 全国のいんげんの収穫量は 4,920tで、前年産に比べ 8,480t(63%)減少した。 これは、主産地である北海道において、 10a当たり収量が前年産を下回ったためである。
らっかせい
 全国のらっかせいの収穫量は1万 3,200tで、前年産に比べ 800t(6%)増加した。 これは、主産地である千葉県において、 10a当たり収量が前年産を上回ったためである。
詳しくは下記HPをご覧下さい。
https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/
tokutei_sakumotu/attach/pdf/index-4.pdf

         (2月26日農水省公表)

全国のこんにゃくいもの収穫量は9%減少
令和2年産こんにゃくいもの栽培面積、収穫量等

栽培面積
 全国の栽培面積は 3,570ha で、前年産に比べ 90ha(2%)減少した。
収穫量
 全国の収穫量は5万 3,700tで、前年産に比べ 5,400t(9%)減少した。
詳しくは下記HPをご覧下さい。
https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/
tokutei_sakumotu/attach/pdf/index-3.pdf

         (2月26日農水省公表)

全国の荒茶生産量は、前年産に比べ 15%減少
令和2年産茶の摘採面積、生葉収穫量 及び荒茶生産量

摘採実面積
 全国の茶の摘採実面積(注1)は3万 4,300ha で あった。
なお、摘採延べ面積は7万 7,801ha であった。
生葉収穫量
 全国の茶の生葉収穫量は 32 万 8,800tであった。
荒茶生産量
 全国の荒茶生産量は6万 9,800tで、前 年産に比べ 1万 1,900t(17%)減少した。
詳しくは下記HPをご覧下さい。
https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/
sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/
index-9.pdf

          (2月19日農水省公表)

日本なしの収穫量は前年産に比べ 19%減少
令和2年産日本なし、ぶどうの結果樹面積、 収穫量等

日本なし
 結果樹面積は 1 万 700ha で、前年産に比べ 400ha(4%)減少した。 収穫量は 17 万 500t、出荷量は 15 万 8,500tで、前年産に比べそれぞれ 3万 9,200 t(19%)、3万 5,400t(18%)減少した。
ぶどう
 結果樹面積は1万 6,500ha で、前年産に比べ 100ha(1%) 減少した。 収穫量は 16 万 3,400t、出荷量は 15 万 2,100tで、 前年産に比べそれぞれ 9,300 t(5%)、8,400t(5%)減少した。
詳しくは下記HPをご覧下さい。
https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/
sakumotu/ sakkyou_kazyu/attach/pdf/
index-4.pdf

          (2月18日農水省公表)


6.行事・イベント案内 MENUへ

第38回農薬生物活性シンポジウム
(オンライン開催)

主催 日本農薬学会・農薬生物活性研究会
日時 2021年4月23日(金)10:30〜16:00
 申し込み等詳しくは下記HPをご覧下さい。
http://pssj2.jp/committee/bioactivity/
bioactivity38.html

日本植物防疫協会
シンポジウに代わり座談会開催

 日本植物防疫協会は、2020年度第2回シンポジウムを中止 し代わりに座談会を開催する。
 座談会のテーマは「新型コロナウイルスから考える今後の植物防疫」 で、植物防疫関係の識者9名で行い、内容は冊子にまとめ配布する とのことである。
 冊子申し込み等詳しくは下記HPをご覧下さい。 http://www.jppa.or.jp/symposium/index.html

植物防疫関連学会大会

日本雑草学会

日 時 2021年4月17日(土)〜18日(日)
場 所 会場は設定せずオンライン開催
申し込み等詳しくは下記HPをご覧下さい。
http://wssj.jp/conference/


8.アクセス情報  
MENUへ

●----------------------------------------------●

先週(4月4日〜4月10日)のページビュー数

63,611(1日当り9,087) 
今年初めからから4月10日までのページビュー数
609,002 
昨年のページビュー数は、3.376.113
(1日当り9.250)でした。

●----------------------------------------------●