インデックス情報メモ

2019年8月19日更新

〜〜〜〜〜〜Contents Menu〜〜〜〜

 1.防除ミニ情報
 2.業界ミニ情報
 3.都道府県の注意報、警報、特殊報の発令状況
 4.農薬登録情報速報
 5.農業生産に関するミニ情報
 6.行事・イベント案内
 7.アクセス情報
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


1.防除ミニ情報
 MENUへ

令和元年度病害虫発生予報第6号


 農林水産省は8月7日、令和元年度病害虫発生予報第6号を発表しました。
 水稲では、トビイロウンカの発生が中国及び九州の一部地域で、野菜類では、シロイチモジヨトウの発生が北陸、東海、近畿、四国および北九州の一部地域で、果樹では、なしのハダニ類の発生が北東北、北陸及び南九州の一部地域で多なるとと予想しています。
詳しくは下記HPをご覧下さい。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/
syokubo/190807.html

「農薬危害防止運動」の実施


 農林水産省は、厚生労働省、環境省と共同で
「平成31年度 農薬危害防止運動」を6月〜8月にかけ実施する。
主な実施事項は次の通り
1、啓発ポスターの作成及び配布、新聞への記事掲載等による農薬及びその取扱に関する正しい知識の普及啓発
2、農薬による事故を防止するための指導
3、農薬の適正使用等についての指導
4、農薬の適正販売についての指導
5、有用生物や水質への影響低減のための関係者の連携
詳しくは下記HPをご覧下さい。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/
nouyaku/190423.html

2.業界ミニ情報
    MENUへ

第34回 報農会功労賞受賞者


 報農会の34回功労章受賞者が次の3氏に決定した。
なお、受賞式及び祝賀会は9月25日にシンポジウム終了後「北とぴあ」16階 で開催される。
 藤家梓(元千葉県農業試験場等)
 藤祐一郎(元宮城県農業センター等)
 松中謙次郎(元青森県りんご農業試験場等)

金額、数量共に減少
2019農薬年度6月末出荷実績


 農薬工業会は、2019農薬年度6月末の農薬出荷実績を公表した。
数量は151,7千トン(前年比96.6%)、金額は2,895億円(前年比99.7%)で、前年に比べ数量、金額共に減少している。
分野別、種類別実績は下記の通りである。
数量
使用分野別 ()内は前年比
金額  
水稲 48.622t.kl (95.9) 1,056億円 (99.0)
果樹 16.296t.kl (96.4) 412億円 (97.6)
野菜 58.666t.kl (95.8) 1010億円 (100.2)
その他 23.880t.kl (99.1) 345億円 (100.9)
分類なし 4.229t.kl (104.5) 73億円 (108.9)
合計 151.693t.kl (96.6) 2,895億円 (99.7)

種類別 ()内は前年比
殺虫剤 46.467t.kl (94.1) 786億円 (99.5)
殺菌剤 28.701t.kl (97.4) 606億円 (98.6)
混合剤 14.543t.kl (92.6) 306億円 (96.7)
除草剤 57.752t.kl (98.9) 1,123億円 (100.6)
分類なし 4.229t.kl (104.5) 73億円 (108.9)
合計 151.693t.kl (96.6) 2,895億円 (99.7)

数量は前年並み、金額は減少
平成30年度ゴルフ場・緑地分野の農薬出荷量


 公益法人「緑の安全推進協議会」はこのほど、平成30年度のゴルフ場・緑地分野の農薬出荷量を公表した。
数量では7,814t,klで前年並みであったが、金額では290億3千万円で前年より8,2%減少した。
詳しくは下記HPをご覧ください。
http://www.midori-kyokai.com/joho/
index.html
 MENUへ
3.都道府県の注意報、警報、特殊報の発令状況

 ●最新の発令状況はトップペーシのNEWS and TOPICSをご覧ください

 ●過去の警報、注意報、特殊報の発令状況は
下記をご覧ください。
・警報、注意報発令一覧表(2010年〜2019年)
Excel63KB

・特殊報発令一覧表(2010年〜2019年)
Excel55KB


4.農薬登録情報速報
MENUへ
農林水産消費安全センターホームページの 新規および適用拡大登録農薬の速報をご覧ください。

8月7日 8月5日 7月24日 7月18日 7月10日
6月27日 6月26日 6月12日 5月30日 5月29日
5月15日 4月24日 4月10日 3月27日 3月20日
3月13日 2月28日 2月27日 2月13日 2月7日
1月30日 1月22日 1月16日  

2018年の農薬登録情報・速報
2017年の農薬登録情報・速報
2016年の農薬登録情報・速報
2015年の農薬登録情報・速報


5.農業生産に関するミニ情報
   MENUへ

収穫量は前年に比べ17%減少
平成30年産キウイフルーツの収穫量等

 結果樹面積は1950haで、前年産に比べ50ha(2%)減少した
 収穫量は2万5000tで、前年産に比べ5000t(17%)減少した。
詳しくは下記HPをご覧下さい。
http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/
sakumotu/sakkyou_kazyu/attach/pdf/
index-29.pdf

         (8月6日農水省公表)

収穫は前年産に比べ8%減少
平成30年産さとうきびの収穫面積等

収穫面積
 収穫面積は2万2600haで、前年産に比べ1100ha(5%)減少した。
10a当りの収量
 10a当りの収量は5,290kgで、前年産に比べ3%下回った。
収穫量
 収穫量は119万6000tで、前年産に比べ10万1000t(8%)減少した。
詳しくは下記HPをご覧下さい。
http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/
sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/
index-73.pdf

         (6月19日農水省公表)


6.行事・イベント案内 MENUへ
EBC研究会ワークショップ2019
主催 EBC研究会
日時 2019年9月18日(水) 10:00〜17:00
場所 東京大学農学部1号館2階8番教室
(東京都文京区弥生1-1-1)
内容、申し込み等詳しくは下記HPをご覧下さい。
http://pssj2.jp/calendar/2019/EBC.pdf
シンポジウム
「植物防疫の新たな展開の
「その後」をフォローする」
主催 日本植物防疫協会
日時 2019年9月20日(金)10:00〜17:30
場所 日本教育会館「一ツ橋ホール」
(東京都千代田区一ツ橋)
内容、申し込み等詳しくは下記HPをご覧下さい。
http://www.jppa.or.jp/symposium/
sympo201909.pdf
第34回報農会シンポジウム
ーわが国農業の持続性と植物保護
<国内・世界の趨勢に挑む技術とシステム>ー
主催 報農会
日時 2019年9月25日(水) 10:00〜16:30
場所 「北トピア」つつじホール
(東京都北区王子1-11-1)
内容、申し込み等詳しくは下記HPをご覧下さい。
http://pssj2.jp/calendar/2019/
hounoukai19.pdf
第39回農薬製剤・施用法シンポジウム
主催 日本農薬学会、農薬製剤・施用法研究会
日時 2019年10月17日(木)〜18日(金)
場所 つくば国際会議場
(茨城県つくば市竹園2-20-3)
内容、申し込み等詳しくは下記HPをご覧下さい。
今回マルチローター関係の特別講演が4題あります。
http://pssj2.jp/committee/seizai/
seizai39.html
第37回農薬環境科学研究会
主催 日本農薬学会
日時 2019年11月21日(木)〜22日(金)
場所 倉敷せとうち児島ホテル
(岡山県倉敷市下津井吹上)
内容、申し込み等詳しくは下記HPをご覧下さい。
http://pssj2.jp/committee/environment/
environment37.html


8.アクセス情報  
MENUへ

●-----------------------------------------●
先週(8月11日〜8月17日)のページビュー数
48,168(1日当り6,881)
先々週(8月4日〜8月10日)のページビュー数
61,803(1日当り8,829)

今年初めからから8月3日までのページビュー数

1,869,551
●-----------------------------------------●
 
 

 

 

 

 

>