インデックス情報メモ

2020年10月19日更新

〜〜〜〜〜〜Contents Menu〜〜〜〜

 1.防除ミニ情報
 2.業界ミニ情報
 3.都道府県の注意報、警報、特殊報の発令状況
 4.農薬登録情報速報
 5.農業生産に関するミニ情報
 6.行事・イベント案内
 7.アクセス情報
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


1.防除ミニ情報
 MENUへ

令和2年度病害虫発生予報第8号


 農林水産省は10月7日、令和2年度病害虫発生予報第8号を発表しました。
 野菜類では、ハスモンヨトウの発生が東北、東海、近畿、中国、四国及び北九州の1部地域で、茶では、カンザワハダニの発生が南関東、東海及び近畿に1部地域で多くなると予想しています。
そのほか、シロイチモジヨトウ等が地域によって多くなると予想されています。
詳しくは下記HPをご覧下さい。
https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/
syokubo/201007.html

令和2年度病害虫発生予報第7号


 農林水産省は9月9日、令和2年度病害虫発生予報第7号を発表しました。
水稲では、トビイロウンカが東海以西の一部の地域で多くなると予想されており、複数の県から警報が発表されています。
野菜類では、ハスモンヨトウの発生が北東北、北陸、東海、中国、四国及び九州の一部の地域で多くなると予想されています。
果樹では、果樹カメムシ類の発生が、本州以南の一部の地域で多くなると予想されています。
詳しくは下記HPをご覧下さい。
https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/
syokubo/200909.html

2.業界ミニ情報
    MENUへ

瀬崎滋雄(奈良農試)ら5氏を表彰
報農会第35回功労賞


 報農会は第35回功労賞を次の5氏に叙与することに決定した。
表彰式は9月24日に開催予定であったが,コロナウィルスの影響で中止になり,本人に郵送で功労賞を贈呈した。
  里見健男氏(住友化学工業株式会社等)
  瀬崎滋雄(奈良県農業試験場等)
  中田榮一郎(山口県農業試験場等)
  那波邦彦(広島県病害虫防除所等)
  橋本光司(埼玉県園芸試験場等)

「世界の農薬メーカーの動向ー2020−」の紹介


 今年9月、昨年に引き継き本書が発行されたが、今回はタイトルは「Trends in global agrochemical manufactures 2020edition」で、英文版のみとなった。
これは農薬を有効成分別に開発や登録状況をまとめた 「SHIBUYA INDEX」の編者である渋谷成美さんが中心となり、まとめたもので120頁の労作である。
 本書は世界の農薬メーカーの動きを、会社名順に設立、買収、提携、合併、消滅、改称、出資、薬剤登録等の動向が1事柄を1行で簡潔に記述されている。これを一読する各社の過去から現在に至る動向や成果がわかり、言い換えれば農薬メーカーの栄枯盛衰が一眼でわかる貴重な資料である。日頃からあらゆる文献、報告書、ニユースなどの資料
データーを収集してまとめた物である。なお本書の購入等については09‐6487‐4323(田中)に問い合わせください。

金額で昨年度より12億円増加
2020年農薬年度8月末出荷実績


 農薬工業会は、2020農薬年度8月末の農薬出荷実績を公表した。
数量は168,9千トン(前年比98,6%)、金額は3,217億円(前年比100,4%)で前年に比べ数量は減少、金額はやや増加した。
分野別、種類別実績は下記の通りである。

数量
使用分野別 ()内は前年比
金額  
水稲 53.275t.kl (101,1) 1,156億円 (103,3)
果樹 17.085t.kl (98,2) 442億円 (98,6)
野菜・畑作 65.096t.kl (94.6) 1,114億円 (97,5)
その他 28.877t.kl (104.6) 417億円 (101,0)
分類なし 4.593t.kl (96.7) 88億円 (108,2)
合計 168.925t.kl (98.6) 3,217億円 (100,4)

種類別 ()内は前年比
殺虫剤 50.940t.kl (96.5) 871億円 (98,0)
殺菌剤 32.590t.kl (94.9) 672億円 (97,5)
殺虫殺菌剤 16.590t.kl (103.8) 348億円 (106.7)
除草剤 64.213t.kl 101.3) 1,237億円 (101,5)
分類なし 4.593.kl (96.7) 88億円 (108,2)
合計 168.925t.kl (98.6) 3,217億円 (100,4)
 MENUへ
3.都道府県の注意報、警報、特殊報の発令状況

 ●最新の発令状況はトップペーシのNEWS and TOPICSをご覧ください

 ●過去の警報、注意報、特殊報の発令状況は
下記をご覧ください。
・警報、注意報発令一覧表(2010年〜2019年)
Excel63KB

・特殊報発令一覧表(2010年〜2019年)
Excel55KB


4.農薬登録情報速報
MENUへ
農林水産消費安全センターホームページの 新規および適用拡大登録農薬の速報をご覧ください。

10月14日 9月30日 9月25日 9月14日 9月9日
9月2日 8月26日 8月12日 7月27日 7月22日
7月14日 7月8日 6月30日 6月24日 6月18日
6月10日 5月27日 5月13日 4月23日 4月22日
4月8日 3月31日 3月25日 3月11日 2月26日
2月25日 2月12日 1月29日 1月15日

2019年の農薬登録情報・速報
2018年の農薬登録情報・速報
2017年の農薬登録情報・速報
2016年の農薬登録情報・速報
2015年の農薬登録情報・速報


5.農業生産に関するミニ情報
   MENUへ

荒茶生産量は前年産に比べ10%減少
令和元年産一番茶の生産量等

摘採面積
 主要県の摘採面積は2万6200haで、前年より900ha(3%)減少した。
生葉収穫量及び荒茶生産量
 主要県の生葉収穫量は10万8100t、荒茶生産量は2万1200tで、前年産に比べそれぞれ9000t(8%)、2300t(10%)減少した。
詳しくは下記HPをご覧下さい。
https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/
sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/
index-94.pdf

         (8月19日農水省公表)

前年産に比べ1%増加
令和元年産キウイフルーツ農作物収穫量等

結果樹面積
 結果樹面積は1,900haで前年産に比べ50ha(3%)減少した。
収穫量
 収穫量は2万5,300t、出荷量は2万2,500tで、前年産に比べそれぞれ300t(1%)、700t(3%)増加した。
詳しくは下記HPをご覧下さい。
https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/
sakumotu/sakkyou_kazyu/attach/pdf/
index-38.pdf

         (8月6日農水省公表)


6.行事・イベント案内 MENUへ

第35回雑草学会シンポジウム

主 催 日本雑草学会
日 時 2020年12月12日(土)13:30〜16:30
場 所 Zoomによるオンライン開催
詳しくはは下記のHPをご覧下さい
https://wssj.jp/conference/symposium.html

日本農薬学会第46回大会

日 時 2021年3月8日(月)〜10日(水)
場 所 府中の森芸術劇場・東京農工大学府中キャンバス
開催形式については、対面開催、オンライン開催、ハイブリット開催の3案を想定しており,11月中旬頃決定する予定である。
詳しくはは下記のHPをご覧下さい
http://pssj2.jp/congresses/46/taikai46.html


8.アクセス情報  
MENUへ

●----------------------------------------------●

先週(10月11日〜10月17日)のページビュー数

89,838(1日当り12,834) 
今年初めからから10月17日までのページビュー数
2,888,358 
●----------------------------------------------●