家庭菜園やガーデニングに役立つ家庭園芸用薬剤のご紹介|農薬インデックス・・・やさしい検索サイト

農薬インデックス・・・やさしい検索サイト
家庭菜園やガーデニングに役立つ家庭園芸用薬剤のご紹介

野菜・花の病害虫に効果のある薬剤

ねぎ

さび病

楕円形で黄色味の、ややふくらんだ小さな斑点ができます。 表皮が破れ黄色の粉状のもの(夏胞子)を飛散します。 発病の激しいときは、葉が黄白色となって枯死します。

ネギアザミウマ

体長1mmほどの小さな黒い虫で、葉の表面に寄生して、表層を なめたり吸汁します。葉に黄白色の小さな斑点が多数でき、葉は かすり状に青白くなります。夏に被害が多く、多発すると葉全体が 汚くなり、生育が悪くなります。

ネギハモグリバエ

成虫は2mm位、黒と黄色のツートンカラーのハエで、葉の組織 内に産卵します。ふ化した幼虫は黄白色の小さなウジムシ状で、 葉中をトンネル状に食い進みます。食害された跡は不規則に 蛇行した白い筋として残ります。 5月頃から発生し、夏に多くなります。

ネギアブラムシ

5~6月に発生する黒色のアブラムシで、葉野花に群棲して吸汁 加害します。多発するとが部全体が覆われて、黒くみえるほどに なり、被害をうけた葉は、生長がとまります。 ねぎ、にら、たまねぎなどねぎ類だけに寄生します。

ヨトウムシ類

シロイチモジヨトウ、ハスモンヨトウ、ヨトウムシが加害し、被害が見 られます。ふ化した幼虫は葉を食害し、生長すると幼虫は、移動 しながら葉の中に入って、内側から食害し、大きな穴をあけ葉を ボロボロに食い荒らします。

ねぎに使用できる薬剤と適用病害虫一覧

薬剤名 萎凋病 小菌核腐敗病 黒斑病 べと病 さび病 葉枯病 苗立枯病 ネギアザミウマ アザミウマ類 ネギコガ アブラムシ類 ネギハモグリバエ タネバエ コガネムシ類 ネキリムシ類 ネダニ シロイチモンジヨトウ
ベンレート水和剤                              
ダコニール1000                        
サプロール乳剤                                
トップジンM水和剤                              
トリフミン水和剤                                
アースガーデンT                                
オールスタースプレー                                
スターガード粒剤                              
スミチオン乳剤                            
ダイアジノン粒剤3                              
トレボン乳剤                                
マラソン乳剤                            
カルホス粉剤                                
ネキリエースK                                
ベストガード粒剤                              
ベニカベジフルスプレー                                
ベニカS乳剤                                
ベニカ水溶剤                              
サイアノックス乳剤                                
モスピラン粒剤                              
ベニカマイルドスプレー